コピー機の結露対策

冬になると、コピープリントで線、汚れが入るなどの現象が散見されます。
これは、特に寒い朝、暖房を入れると急激な寒暖差が発生し、複合機内部に結露が発生することが原因です。
暖房を止めることは現実的ではないので、コピー機を暖房器具から離す、温風が当たらないようにすると良いでしょう。
すでに画質異常が発生している場合は、そのまま暖房を継続し、コピー機のカバーを開け結露を飛ばすなどが効果的です。
その上で、3時間程度経過しても解消しない場合は修理を依頼してください。

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。